パティシエの求人について

飲食業界の求人 パティシエについて


パティシエは、飲食の職業の中でも、人気の高い職業です。そんなパティシエに憧れを持っていたり、実際に働きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。パティシエと言うと、洋菓子店でお菓子を作っている、というイメージを持たれがちですが、実はそれだけではありません。製菓メーカーに努めて商品開発をしたり実際に作ったりする人もいれば、ホテルや結婚式場で出すお菓子を作る人、お菓子教室を開き生徒に指導する人もいます。このように、飲食業界においての求人は比較的多いのです。日頃から、求人情報冊子やインターネット上の求人情報をこまめにチェックしておきましょう。

パティシエは、通常では身に付かない専門の技術や知識を持っている場合が多く、その技術はとても重宝されるため、さまざまなところで力を発揮することができます。しかし、働く先によって、細かい仕事内容が異なってくるため、自分がやりたいと思う仕事に就くことができるように、きちんと求人情報をチェックしておくことが大切です。自分がどのような仕事をしたいか、どのような場面で働きたいかなどという希望をリストアップしておきましょう。

たとえば、洋菓子店の場合は、大手チェーン店に就職するか、個人経営の店で働くかという選択ができます。大手チェーン店の場合は、さまざまな部署に分属されて、チームでお菓子を作っていく、というパターンが多いです。個人経営などの小規模の店は、さまざまな作業を一人で任されることが多いです。お客さんとの距離も近く、接客も学ぶことができます。この職業では、基本的にその店のシェフからさまざまなことを学ぶことになります。そして、いずれ個人の店を開いたり、有名ホテルなどのシェフになるという人が多いです。下積み時代は厳しいことが多いですが、人々が満足するお菓子を作りあげていく点が、この職業の醍醐味だと言えます。

同じ仕事でも、場所よって働き方や仕事内容が異なってくるのが、パティシエの特徴と言えます。給料がどれくらいなのか、福利厚生がしっかりしているかどうかなども確認して、求人情報をチェックしましょう。また、休みの取り方や勤務人数、残業の有無なども、求人においてしっかり確認しておきたいポイントです。飲食業界の求人は、さまざまな経営形態の展開によって、色々な種類があります。働き方もそれぞれなので、自分がどのような働き方をしたいかを叶えられる職場を探しましょう。”