飲食求人での職種

飲食業界の求人での職種

飲食業界の求人には様々な職種があります。勤務時間も多種多様なので、自分のライフスタイルにあった仕事を見つけやすい職種のひとつだと思います。ただその多様性ゆえに、何を決め手に仕事を選んだらいいのかわからなくなってしまうこともあります。まずはどんな内容の仕事がしたいのかを中心に考えていきましょう。

働く場所で大きくわけると飲食店には「ホール」と「キッチン」の求人があります。その他にもテイクアウトを扱う仕事やバーテンダー、ソムリエなどドリンクを専門とする職種など細かくみればたくさんの求人がある訳ですが、まずはお客様に接する仕事がしたいのか、調理する仕事がしたいのかを選ぶことが大切です。
まず「ホール」の仕事は、オーダーをとったり、キッチンが作った料理を運んだり、お会計をしたり、お客様が入店してから帰るまでの時間を楽しく過ごしてもらうために気を配るしごとです。お客様に満足していただくためには、お料理がおいしいことももちろん大切ですが、それを提供するホールスタッフの印象がとても重要です。逆に言えば、どんなにおいしいお料理でもホールの対応ひとつでおいしく感じられなくなってしまう責任のある職種です。

「キッチン」の仕事はとてもわかりやすく、調理全般にかかわる仕事です。技術を積み上げていくために、はじめは体力的にも精神的にもかなりハードですが、少しずつスキルアップしていく達成感はキッチンスタッフならではのものです。
飲食の求人はこの「ホール」と「キッチン」のふたつが軸になっていて、そこから派生する専門職がたくさんあります。

どのような職種を選ぶにしても、飲食店は実際働いてみると拘束時間も長くかなりハードな仕事のひとつです。重なったお皿は重いですし、キッチンにある大きな鍋を持ち上げるのは大変です。ただ自分のサービスでお客様が喜んでくれたとき、作った料理に「おいしかったよ、またくるよ」とお褒めの言葉をいただいたときの満足感は、飲食業でなくては味わうことができません。真剣に取り組むのであれば、とても魅力的で楽しい仕事です。
仕事内容を選んだら、どのようなお店で働きたいのかも考えなくてはなりません。「高級なレストラン」「カジュアルなビストロ」「バリスタのいるカフェ」。勤務時間帯はこのようなお店の種類によって変わってきます。ランチ、ディナーのあるお店なのか、一日中あいているお店なのか、その形態によって様々な求人があります。

勤務地や勤務時間ばかりでなく、どんな仕事がしたいのか、どんなスキルを身につけたいのかを考えて仕事を選ぶことが大切です。”